屋根カバー工法

屋根カバー工法Roof covering method

屋根カバー工法

屋根のカバー工法って、どんな工事?

屋根のカバー工法は、既存の屋根材に、軽量金属の屋根材をかぶせるリフォーム方法です。屋根が二重になるため、防音性、遮音性がアップし、葺き替えと比べても工期も短く、コストも抑えられます。

瓦屋根には施工できませんが、スレート屋根、特にアスベストを含むスレート屋根に施工することが多いです。

予算を抑えてリフォームしたい方には、オススメの屋根リフォーム方法です。

屋根カバー工法のポイント

ガルバリウム屋根
  • 基本は、軽量金属屋根(ガルバリウム、SGL鋼板等)で施工します。
  • 瓦屋根には施工できないため、瓦屋根の方は葺き替えを検討しましょう。
  • 予算的には、一般的な戸建て住宅で90~170万円程度(面積・材質により上下します。)

屋根カバー工法の注意点

劣化した金属屋根
  • いくら軽量金属とはいえ、屋根は多少なりとも重くなり、耐震性も多少下がります。
  • 屋根の傾きが緩い(2.5寸勾配以下)場合は、横葺きのカバー工法はできません。
  • 野地板が傷んでいる場合は、屋根材を固定する力が弱くなるため、葺き替えを検討しましょう。

屋根カバー工法に
オススメの屋根材Recommended roofing

金属屋根

屋根カバー工法にオススメな屋根材は、ガルバリウム、SGL(スーパーガルテクト)がオススメです。軽量金属で、耐震性を大きく損なうことなく、耐久性も高いため、最も施工することが多い屋根材です。

アスファルトシングルでカバー工法をする方法もありますが、金属屋根と比較して重量が倍くらいあり、耐久性も劣るため、オススメすることはあまりありません。

また、金属屋根も様々なバリエーションがありますので、代表的な金属屋根材をご紹介します。

ガルバリウム鋼板を改良したエスジーエル鋼板は、ガルバリウムと比べて、3倍以上の耐久性があります。また、断熱塗装がされてあるもの、断熱材と一体になっているものだと、さらに断熱効果も高くなります。

エスジーエル鋼板

エスジーエル鋼板の
代表的な製品

アイジー工業 スーパーガルテクト

アイジー工業
スーパーガルテクト

ニチハ 横暖ルーフS

ニチハ
横暖ルーフS

日鉄鋼板 ニスクカラーSGL

日鉄鋼板
ニスクカラーSGL

金属屋根のように、軽量でありながら、見た目を選ぶこともできます。金属瓦は、遠目には瓦のように見えますし、石粒付ガルバリウム屋根は、オシャレなデザイン、風合いで人気の屋根材です。また、耐久性も30年耐久と長いものもあります。

金属瓦・石粒付金属屋根

金属瓦・石粒付金属屋根の
代表的な製品

LIXIL
T・ルーフ

新東 SHINTOかわらS

新東
SHINTOかわらS

イコタイル ヴィクセン

イコタイル
ヴィクセン

屋根カバー工法の施工事例Examples of construction

東京都八王子市 上恩方郵便局 雨樋工事×外壁塗装×屋根をカバー工法でヴィクセンへ

こんにちは、屋根リフォーム相談窓口です。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 東京都八王子市の上恩方郵便局の雨樋工事、外壁塗装、屋根のカバー工事を行いました。本日はその時の様子を

静岡県浜松市 スレート屋根をシルキーG2へ カバー工法

こんにちは、屋根リフォーム相談窓口です。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。静岡県浜松市のご依頼主様宅の屋根のとカバー工法を行いました。本日はその時の様子をお届けいたします! 屋

静岡県菊川市 屋根・外壁オールカバー工法 完工

こんにちは、屋根リフォーム相談窓口です。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。静岡県菊川市のご依頼主様宅の屋根と外壁をカバー工法にて葺き替えを行いました。本日はその時の様子をお届けいたし

屋根カバー工法で
見落としがちなところ
Key points of roof covering method

下地(野地板)をチェック

上にかぶせる屋根材を固定するのは、その下にある、既存の屋根の野地板です。その野地板が劣化していては、いくら耐久性の高い屋根材をかぶせても、はがれたり風で飛ばされるリスクは残ったままです。野地板の劣化がひどいようであれば、葺き替えを検討したほうが、今後トラブルは起きにくくなります。

下地(野地板)をチェック

換気棟にしましょう

換気棟とは、屋根の棟部分が通気できるようにします。湿気は上に上がっていきますが、その逃げ場がないと、湿気がたまり、トラブルのもととなります。ですが、換気棟を取り付けすることで、湿気が逃げていくので、屋根のトラブルを抑えることができます。

換気棟にしましょう

メンテナンスについて

30年耐久の屋根にしたから、メンテナンス不要かというと、製品により、まちまちです。塗装が必要なものもあれば、逆に不要なものがあったりします。また、施工方法により、コーキングの補修は10年に一度は必要になります。その点を踏まえた上で、どの屋根材にするかしっかりと検討しましょう。

屋根の塗装をしているところ

防水シートは高品質なものを

屋根は屋根材の下に防水シート(ルーフィング)と呼ばれるゴム製シートを張ります。それにより、屋根材にトラブルがあっても防水シートで雨漏りを防いでくれるのです。20年、30年は当然持たせたいと思いますので、万が一があっても、安心できるよう、防水シートは高品質なものを選びましょう。

ルーフィング