サイディング張替え・カバー工法

サイディング張替え・
カバー工法Siding replacement

外壁をもっと長持ちさせたいなら、
張替え・カバー工法もご検討ください

外壁のカバー工法について

外壁のカバー工法って、どんな工事?

サイディングのカバー工法は、今の外壁の上に、軽量金属のサイディング材を張っていくリフォーム方法です。サイディングの張替えと比較して、コスト面や、工期の面でメリットがあります。

一方で、サイディングの張替えは、外壁を一度剥がすため、断熱材など、内部の状況も確認でき、外壁の内部が腐食していた際には、そこも補修できるため、家を最も長持ちさせられるリフォーム方法です。

外壁カバー工法の
ポイント

外壁カバー工法のポイント
  • 基本は、軽量金属屋根(ガルバリウム、SGL鋼板等)で施工します。
  • 軽量金属とはいえ、重量は重くなるため、耐震性は多少犠牲にはなります。
  • 予算的には、一般的な戸建て住宅で200~280万円程度(面積・材質により上下します。)

サイディング張替えの

ポイント

サイディング張り替えのポイント
  • 予算的には、一般的な戸建て住宅で200~280万円程度(面積・材質により上下します。)
  • 金属サイディング、窯業サイディングなど選べますので、デザインの選択肢も広くなります。
  • 外壁を剥がした際、内部の腐食が見つかった場合は、別途費用が掛かる場合があります。

外壁の部分張替えも施工できます

外壁の部分張り替えも施工可能

ベランダの周りや一部の柱だけなど、ご自宅の外壁に部分的な塗料の剥がれが見られる場合は、内部に水分が侵入して腐食している可能性があります。

その場合は一度外壁を剥がし、中の補修をしてからサイディングを張り替える必要があります。

このような場合サイディングの部分的な張替えも対応できますので、気になる方はまずはご相談ください。

サイディング張替え・
カバー工法に
オススメの外壁材Recommended siding

ガルバリウム鋼板、SGL鋼板の外壁パネルは、薄い金属板に断熱材がついた構造になっています。金属サイディングは、一見、断熱性が低そうに見えますが、実は一般的な窯業系サイディングよりも5倍もの断熱性能があるといわれています。

ガルバリウム鋼板・SGL鋼板

ガルバリウム鋼板サイディングの
代表的なメーカー

沿岸部の方は、サビに強い
SGL鋼板がオススメ

沿岸部の方は、サビに強いSGL鋼板がオススメ

一般的な金属よりもサビへの耐久性は高いものの、それでも沿岸部では、耐用年数の低下が懸念されます。

沿岸部にお住まいの方には、ガルバリウムよりも防サビ性能の高いSGL鋼板のサイディングか、次にご紹介するアルミ外装材をオススメしています。

アルミ鋼板サイディングは、ガルバリウム、SGLと比べて、金額は多少高くなります。しかし、防サビ性能は非常に高いため、沿岸部(海岸から500m以内)にお住まいの方にオススメすることが多い外装材です。

アルミ鋼板サイディング

アルミ鋼板の
代表的なメーカー

日本の住宅で最も多く普及している窯業系サイディングは、外壁の張替えの場合のみ、施工可能です。金属サイディングと比較すると価格も安く、デザインも豊富です。サイディング張替えをご検討の際には、金属サイディングと比較してご検討ください。

窯業系サイディング

窯業系サイディングの
代表的なメーカー

サイディング張替え
・カバー工法の施工事例Examples of construction

静岡県浜松市 パミールをガルバリウム鋼板に葺き替え 外壁のオールカバー工法 完工

こんにちは、屋根リフォーム相談窓口です。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。静岡県浜松市のご依頼主様宅の屋根材葺き替えと外壁のカバー工法を行いました。本日はその時の様子をお伝えいたしま