屋根葺き替え

屋根の葺き替えリフォームRoof replacement

屋根の葺き替えリフォーム

屋根の葺き替えって、どんな工事?

既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材にリフォームする工事です。屋根を新築のときと同じ状態にできますし、屋根材も、スレート、瓦、金属屋根など選べますので、屋根のリフォーム方法としてはもっとも王道のリフォームです。ガルバリウム鋼板、SGL鋼板などを選ぶことで、耐震性をアップさせることもできます。

ただ、費用的には、他の屋根リフォームと比べて高くなりますので、ご予算や、今後何年お住まいになるか、なども考慮する必要があります。

屋根葺き替えのポイント

瓦屋根
  • 軽量金属屋根(ガルバリウム、SGL鋼板等)がオススメ。耐震性がアップします。
  • 瓦屋根にする場合は、地震や台風に強い防災瓦で、耐震性を考慮して軽量な瓦がオススメ。
  • 予算的には、一般的な戸建て住宅で120~200万円程度(面積・材質により上下します。)

屋根葺き替えの注意点

ルーフィング
  • アスベストを含む屋根の場合、撤去費用が高くなるため、予算によってはカバー工法を選択しましょう。
  • 屋根材の下に敷く防水シート「ルーフィング」の張替えは必須です。見積もりをよく確認しましょう。
  • ルーフィングの下に敷く野地板も、劣化状況により、張替えが必要になります。

屋根の葺き替えに人気の屋根材Most polular roofing materials

住宅の屋根

屋根を葺き替えリフォームする際、どんな屋根材があるかをまずは知っておきましょう。そのうえで、できれば『耐久性が高く』『地震にも強く』『見た目も美しい』屋根材を選ぶことがオススメです。

その中で、予算や好みに応じて、良い屋根材を選択していただくのが良いでしょう。

また、リフォーム前の屋根材が、アスベストを含む屋根材だった場合、葺き替えは工事費用が高額になりますので、その際は屋根カバー工法もご検討ください。

スクロールできます
価格耐久性耐久性デザイン備考
ガルバリウム7,000円/㎡~20~30年耐震性もアップし、安価でリフォームするならオススメです!
SGL鋼板7,500円/㎡~30~50年ガルバリウムよりも耐久性が高いため、ご予算があれば、一番オススメです。
軽量瓦11,000円/㎡~30年~瓦をご希望の方には、ご提案させていただいております。金属瓦とも比べてみましょう。
金属瓦10,000円/㎡~25~40年瓦の見た目が好きな方には、見た目は瓦で耐震性も高く、一押しの屋根材です。
スレート6,000円/㎡~20~25年一番安価に張替えリフォームするなら、スレート屋根がオススメです。

※ 上記価格は目安です。付帯の役物工事や、防水シート、野地板交換の有無により金額は上記に加算されていきます。
※ 耐用年数は製品により、多少前後します。
※ デザインについては、個人ごとの好みによる差も大きいため、実際にカタログ等にてご確認ください。

ガルバリウム鋼板を改良したエスジーエル鋼板は、ガルバリウムと比べて、3倍以上の耐久性があります。また、断熱塗装がされてあるもの、断熱材と一体になっているものだと、さらに断熱効果も高くなります。

エスジーエル鋼板

エスジーエル鋼板の
代表的な製品

アイジー工業 スーパーガルテクト

アイジー工業
スーパーガルテクト

ニチハ 横暖ルーフS

ニチハ
横暖ルーフS

日鉄鋼板 ニスクカラーSGL

日鉄鋼板
ニスクカラーSGL

瓦の持つ長い耐久性はそのままに、従来の瓦と比べ、軽量化され、ずれや落下リスクもなく、さらに地震や台風などの災害にも強い瓦も人気です。従来の瓦が、1㎡50kgあるのに対して、軽量瓦は、その半分以下のものもあります。

軽量瓦・防災瓦

軽量瓦・防災瓦の
代表的な製品

ケイミュー ROOGA

ケイミュー
ROOGA

新東 セラムF

新東
セラムF

鶴弥 サンレイ

鶴弥
サンレイ

金属屋根のように、軽量でありながら、見た目を選ぶこともできます。金属瓦は、遠目には瓦のように見えますし、石粒付ガルバリウム屋根は、オシャレなデザイン、風合いで人気の屋根材です。また、耐久性も30年耐久と長いものもあります。

金属瓦・石粒付金属屋根

金属瓦・石粒付金属屋根の
代表的な製品

新東 SHINTOかわらS

新東
SHINTOかわらS

イコタイル ヴィクセン

イコタイル
ヴィクセン

マックス建材 マックス瓦

マックス建材
マックス瓦

一番良い屋根材をご提案します

屋根材にはご紹介したもの以外にもたくさんの種類があります。屋根リフォームの相談窓口では、各加盟店が様々な屋根材を取り扱っていますので、お客様のご要望に一番併せた屋根材をご提案しております。

屋根のリフォームをご検討の際には、どうぞ、お気軽にご相談ください。

屋根の葺き替えリフォーム事例Examples of construction

東京都八王子市 上恩方郵便局 雨樋工事×外壁塗装×屋根をカバー工法でヴィクセンへ

こんにちは、屋根リフォーム相談窓口です。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 東京都八王子市の上恩方郵便局の雨樋工事、外壁塗装、屋根のカバー工事を行いました。本日はその時の様子を

静岡県浜松市 スレート屋根をシルキーG2へ カバー工法

こんにちは、屋根リフォーム相談窓口です。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。静岡県浜松市のご依頼主様宅の屋根のとカバー工法を行いました。本日はその時の様子をお届けいたします! 屋

静岡県菊川市 屋根・外壁オールカバー工法 完工

こんにちは、屋根リフォーム相談窓口です。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。静岡県菊川市のご依頼主様宅の屋根と外壁をカバー工法にて葺き替えを行いました。本日はその時の様子をお届けいたし

屋根葺き替えで
見落としがちなところ
Key points of roof replacement

断熱性をチェック

ガルバリウムやSGL鋼板などの軽量金属の屋根材に葺き替えする場合は、断熱性能も確認しましょう。断熱材一体型のガルバリウム屋根材や、遮熱塗料が塗られた屋根材もあります。年々温暖化が進んでいますので、リフォームしたら部屋が暑くなった、なんてことが無いように、断熱性能もしっかり確認しましょう。

リビングで家族で快適に過ごしている様子

防音性をチェック

瓦屋根から、金属屋根に葺き替えをすると、雨音が大きくなる場合があります。ですので、音が気になる方は、軽量瓦か、石粒付ガルバリウム屋根をご検討ください。石粒付ガルバリウム屋根は、石粒が吹き付けられているため、音が大幅に減少します。また、軽量瓦・防災瓦も防音性には優れています。

雨が降っている様子

メンテナンスについて

30年耐久の屋根にしたから、メンテナンス不要かというと、製品により、まちまちです。塗装が必要なものもあれば、逆に不要なものがあったりします。また、施工方法により、コーキングの補修は10年に一度は必要になります。その点を踏まえた上で、どの屋根材にするかしっかりと検討しましょう。

屋根の塗装をしているところ

防水シートは高品質なものを

屋根は屋根材の下に防水シート(ルーフィング)と呼ばれるゴム製シートを張ります。それにより、屋根材にトラブルがあっても防水シートで雨漏りを防いでくれるのです。20年、30年は当然持たせたいと思いますので、万が一があっても、安心できるよう、防水シートは高品質なものを選びましょう。

ルーフィング